BLOG,  美白

飲む鮮やかな美容液*Gac Juice

内側から輝く*インナービューティー

11月の北タイ。雨季が終わり、これから良い気候が訪れると言われていますが、やっぱり南国。
日中はお日様の眩しい光がキラッキラッしています。日差しが気になります。

私はアトピーで肌が弱く、自分の肌に合う日焼け止めがなかなか見つかりません。塗ると痒くなります。

なので、『日焼け対策は塗るより内側から』。

抗酸化作用の高い食べ物を頂くように心掛けています。

幸いにもタイにはたくさんの抗酸化作用に優れた果物やハーブがたくさん溢れています。

その中でも私が今一番興味があり、毎週金曜日の朝市で販売される、『Gac fruit ジュース*無糖』。
1本25バーツ。(お砂糖入りも有り)

サンデーマーケットでは主にお砂糖入りが販売されていて、1本30バーツ。

なので私は、ナイトバザール近くで毎週金曜日の朝に行われる朝市で買っています。広場の中でひっそりとGacジュースが販売されています。

Gacジュースの色は鮮やかな赤のようなオレンジのような色で、味は???匂いは???
私はほぼ無味無臭のように感じます。これといった際立った味がしないのです。果物なのに甘くもなく、酸っぱくもなく。強い味がしないので私は飲みやすいです。
ですが、ジュースの色は鮮明で宝石のような感じがします。飲む*宝石💎パワー*ジュース。

朝一の空腹で飲むと、天然の恵みがスゥーっと沁み渡り、内側から元気が溢れるような感じがします。

Gacフルーツは、栄養価が高く優れた効能がたくさんありますが、多くの効能をもたらす一番の要素はトマトやスイカなどのあの赤い成分「リコピン」。リコピン含有量がトマトの70倍、β-カロチンはニンジンの10倍含まれているそうです!!!

 

これはまさに、飲む美容液。飲む日焼け止め✨

 

赤い色素「リコピン」は、「カロテノイド」という色素栄養素のひとつで、「β-カロテン」の仲間。

抗酸化力のある「カロテノイド」の中でも、「リコピン」にはビタミンEの100倍、β-カロテンの2倍の抗酸化作用があるそうで、カロチノイドの中で抗酸化作用が最も高く老化防止、活性酸素を除去してくれるそうです。

紫外線を浴びると、肌表面では炎症や表皮のごわつきが発生し、 肌内部ではシミのもとになるメラニン色素が大量に生成されますが、リコピンにはメラニン生成に関する酵素(チロシナーゼなど)の発生を抑える働きがあるそうで、飲む日焼け止めのような効果があるそうですよ。

ビタミンEと一緒にとることでメラニン生成を減少する効果が高まり、リコピンは脂溶性で油に溶けやすく油とともに摂取すると吸収性率が高まるそうですが、まさに『Gacフルーツ』ではありませんか!!!

Gacフルーツの主な栄養素は、「リコピン」「β-カロテン」「ビタミンA」「ビタミンE」「亜鉛」などで、リコピンの体内吸収を高める必須脂肪酸が豊富。抗酸化作用に必要な栄養素がギュウッと凝縮された果物のように感じます。

リコピンの一日の摂取量の目安は15mg-20mg程度で、大きめトマト1個のリコピン含有量は7-8mg程度なので、トマト2個で約15mgのリコピンが摂取できるそうで、またトマトジュースは10ccで1mgのリコピンが摂取できます。200ccのトマトジュースなら20mgのリコピンを摂ることができるそうですが、Gacはこの70倍。

スーパーミラクル*アンチエイジング液。

リコピンは脂溶性で体から排出されにくく、サプリで大量に摂取し続けた場合には身体に蓄積し、中毒症状や発がん性が心配されていれそうなので、くれぐれも摂り過ぎには気を付けたいと思います。

Gacジュースで抗酸化物質を効率よく吸収し、体内のリコピン濃度を高めていきたいですね☆彡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です